相談料

借金の処理・過払い金、交通事故による損害賠償請求、終活や相続に関する初回相談料 無料
事業者の方(個人事業者、法人)の事業に関する相談料 相談時間10分につき2,000円(消費税込)
事業者の方以外の相談料 相談時間30分で3,000円(消費税込)
(以降、10分につき1,000円(消費税込))

事件種類ごとの弁護士費用の目安

一般的な金銭請求事件
経済的利益の額 交渉する場合 訴訟する場合
(交渉受任後に訴訟に移行する場合は、訴訟の着手金は下記の3分の2程度に減額)
500万円までの部分 ➀着手金 : 5%
 (ただし、最低着手金は8万円)
②成功報酬:12%
➀着手金 : 7%
 (ただし、最低着手金は15万円)
②成功報酬:16%
500~3000万円までの部分 ➀着手金 : 1%
②成功報酬: 8%
➀着手金 : 4%
②成功報酬:12%
3000万円を超える部分 ➀着手金 : 1%
②成功報酬: 5%
➀着手金 : 1%
②成功報酬: 8%

※別途消費税がかかります
※上記は目安ですので、事案の性質や難易などにより、増減することがあります
※事案によっては、ご希望により、着手金を低めに設定する代わりに、報酬を高めに設定するといったことも可能です

   ≪弁護士費用の目安・早見表≫(消費税は別途)

経済的利益の額 交渉の場合
 【着手金】
交渉の場合
 【成功報酬】
訴訟の場合
 【着手金】
訴訟の場合
 【成功報酬】
100万円 8万円 12万円 15万円 16万円
200万円 10万円 24万円 15万円 32万円
300万円 15万円 36万円 21万円 48万円
500万円 25万円 60万円 35万円 80万円
700万円 27万円 76万円 43万円 104万円
1000万円 30万円 100万円 55万円 140万円
遺言、相続、遺産分割関連
遺言書の作成 手数料:8~35万円(消費税別)
 ※遺言の対象となる財産の規模や遺言の内容の複雑さによって異なります
遺産分割、遺留分減殺請求 ①着手金:10~50万円(消費税別)
②報 酬:受け取ることのできた遺産額や遺留分額(遺産の範囲に争いのない遺産は3分の1まで減額して評価)について、一般的な金銭請求事件の報酬に準じる。
相続放棄手続
(債権者への連絡を含む)
〔3か月以内の放棄〕
   手数料:1人目の相続人は4万円(消費税別)、他に相続人がある場合は1人につき3万円(消費税別)
〔3か月超えの放棄〕
   ①着手金:8万円(消費税別)
   ②報 酬:8~16万円(消費税別)
借金の処理・過払い金
個人破産 18~35万円(消費税別)
 ※借金の規模(負債額、債権者数)や事案の複雑さによって異なります
 ※ご事情により、弁護士費用の分割払いや法テラスの利用も可能です
個人再生 25~35万円(消費税別)
 ※借金の規模(負債額、債権者数)、住宅ローン特則の有無、事案の複雑さによって異なります
 ※ご事情により、弁護士費用の分割払いも可能です
個人事業主・法人破産 35万円~(消費税別)
 ※事業の規模(従業員数、取引先数など)、借金の規模(負債額、債権者数)、事案の複雑さによって異なります
任意整理 ➀着手金:債権者1社につき、2万円+消費税
②報酬:債権者1社につき、1万円+消費税
    元々の負債額から減額できた場合は、減額分の5%+消費税
 ※ご事情により、弁護士費用の分割払いも可能です
過払い金回収 着手金:無料
②報酬:交渉で回収した場合は、回収額の15%+消費税
    訴訟で回収した場合は、回収額の20%+消費税
 

顧問料

月額2万円(消費税別)からお受けしております
 ※会社の規模(年商、従業員数、事業場の数など)、予想される法律相談の量・内容、法律相談以外の日常的な業務の有無・内容によります

 〚顧問契約のメリット〛
  ➀定額の顧問料をお支払いいただくことにより、随時法律相談をしていただけますが、顧問契約をしている場合は、電話、Skype、直接お会いしての相談はもちろん、メール、FAXなど適宜の方法でもご相談いただけます
  ②法律相談だけでなく、簡単な内容の書類であれば、内容のチェックや書類の作成も顧問料の範囲内で対応いたします
  ③顧問契約の範囲外の具体的な依頼があった場合の弁護士費用は、顧問契約がない場合と比べて割り引きになります